とんかつ屋で人気のドレッシングをオンラインストアで販売するまでの話

店の自家製ドレッシングをオンラインストアで売ってみる

ドレッシング オンラインストアドレッシングのランキング

実家のとんかつ屋のドレッシングを販売するまで | 店の自家製ドレッシングをオンラインストアで売ってみる | ドレッシングのオンライン販売を経て次の目標は・・・

ドレッシング自体は出来ているので、商工会連合会のエキスパート派遣事業を活用して専門家に見てもらうことにしました。
現時点では特に改善点もなさそうという話で、まずはとんかつ屋の実店舗に置いて販売を始めました。
始めた当初はあまり気付かれませんでしたが、これではダメだとポップアップなども作り、商品が目立つような工夫もしました。
父は口数が多くないので宣伝は出来ないタイプ、しかし商品化されたことがお客様に伝わるとジワジワと売れ行きが伸び始めました。
長らくとんかつを揚げ続けていた父はもちろん、母もその子供たちも気付かずにいたことですが、このドレッシングには確かにファンがいたのです。
とんかつ屋に置いて売るだけという地味な販売方法でしたが、そのうち弟が「オンラインでも売ってみたい、販路がグッと広がるから」と言い出しました。
ネット社会なので、一理あります。
弟がオンラインストアの準備をするのと同時進行で、父には新たな商品開発もお願いしました。
せっかく販売するなら1種類ではさびしい感じです。
父のとんかつ屋にはネギをたっぷり使ったタイプと、酸味が爽やかなサウザンアイランドタイプ、ふゆ限定のゆずたっぷりタイプのドレッシングがあるのです。
第1弾として「ネギたっぷり」を商品化したので、続いて2品も商品化にこじつけようとしました。
弟が担当したオンラインストアはあっという間に開店しました。
しかしアクセス数が全く伸びず、注文も入りません。
ストアを閉めっぱなしなのかと思うほど、全くです。