とんかつ屋で人気のドレッシングをオンラインストアで販売するまでの話

実家のとんかつ屋のドレッシングを販売するまで

実家が長くとんかつ屋を営んでいます。
商売をしていれば山あり谷ありで、近くに別の飲食店が出来れば売り上げは落ち、またしばらくして回復したりを繰り返していました。
弟が経営に加わるようになり、父の定番のとんかつメニューと、若者向きのチーズを挟んだミルフィーユかつなどを出すようになりました。
時代の波を捉えようと試行錯誤している様子が伝わってきて、姉としてもメニューのアイデアを出したり、内装について話したりしていましたが、そうは上手くいきませんでした。
ある日、カウンターで父が揚げたとんかつを食べていると、常連のお客さんが「ここのドレッシングは美味しいの」と言います。
子供の頃から食べ慣れている味なので、我が家にとっては当たり前の味でしたが、そう言われてみれば確かに美味しいのです。
私も弟もお店でドレッシングを分けてもらって、自分の家庭に持ち帰っているくらいです。
「そうか、ドレッシングを売ってみよう!」ということになり、弟と準備を始めました。

サラダの旨たれ 290ml - カルディコーヒーファーム オンラインストア https://t.co/3iI0zviuEB  そういえば僕ドレッシングと言ったらこれ激推しなんだけど、この前菜の花に練り梅つけてこれかけたらべらぼうにおいしかったんですよ

— シュレッダー(野生) (@kag_ff14) March 20, 2020

実家のとんかつ屋のドレッシングを販売するまで | 店の自家製ドレッシングをオンラインストアで売ってみる | ドレッシングのオンライン販売を経て次の目標は・・・